Hatena::Grouplinux2

server_setting_memo このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-05-03 (Thursday)

[][]hotmail転送 hotmail転送 - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - hotmail転送 - server_setting_memo hotmail転送 - server_setting_memo のブックマークコメント

こちら(http://d.hatena.ne.jp/yu_ya/20070331/p1)で紹介されているhotmailの転送をしようと一日頑張ってたんですが、私の環境(FC5)だとできず。

  1. luaインストールは完了
  2. freepops-0.2.2-1.fc6.i386.rpmが依存関係にあるrltd(GNU_HASH)、つまりglibcインストールがうまくいかない
    • システムにはglibc-2.4が入ってる
$ rpm -qa | grep glibc
glibc-kernheaders-3.0-5.2
glibc-devel-2.4-11
glibc-common-2.4-11
glibc-2.4-11
glibc-headers-2.4-11

# rpm -Uvh glibc-2.5-10.fc6.i386.rpm 
error: Failed dependencies:
        glibc-common = 2.5-10.fc6 is needed by glibc-2.5-10.fc6.i386
        glibc > 2.4 conflicts with glibc-common-2.4-11.i386
        glibc = 2.4-11 is needed by (installed) glibc-headers-2.4-11.i386
        glibc = 2.4-11 is needed by (installed) glibc-devel-2.4-11.i386

# rpm -Uvh glibc-*
error: Failed dependencies:
        glibc = 2.4-11 is needed by (installed) glibc-headers-2.4-11.i386
        glibc = 2.4-11 is needed by (installed) glibc-devel-2.4-11.i386

    • 1つ目のエラーは消えたが、あと2つが消えない。
# rpm --test -e glibc-headers
error: Failed dependencies:
        glibc-headers is needed by (installed) glibc-devel-2.4-11.i386
        glibc-headers = 2.4-11 is needed by (installed) glibc-devel-2.4-11.i386
# rpm --test -e glibc-devel  
error: Failed dependencies:
        glibc-devel >= 2.2.90-12 is needed by (installed) gcc-4.1.1-51.fc5.i386
# rpm --test -e glibc-headers glibc-devel
error: Failed dependencies:
        glibc-devel >= 2.2.90-12 is needed by (installed) gcc-4.1.1-51.fc5.i386
# rpm --test -e gcc 
error: Failed dependencies:
        gcc = 4.1.1 is needed by (installed) libtool-1.5.22-2.3.i386
        gcc = 4.1.1-51.fc5 is needed by (installed) gcc-gfortran-4.1.1-51.fc5.i386
        gcc = 4.1.1-51.fc5 is needed by (installed) gcc-c++-4.1.1-51.fc5.i386
        gcc is needed by (installed) systemtap-0.5.10-1.fc5.i386

うわあああああああ


    1. ちなみに、glibc-2.5をインストールするにはものすごい数のパッケージと依存関係にあるらしい。さすが根底をなすことだけはある。
# rpm --test -e glibc-2.4 > test.log 2>&1
error: Failed dependencies:
        ld-linux.so.2 is needed by (installed) numactl-0.6.4-1.27.i386
        ld-linux.so.2 is needed by (installed) libwvstreams-4.2.1-2.i386
        ld-linux.so.2 is needed by (installed) wvdial-1.54.0-5.2.2.i386
.
.
snip
.
.

        /sbin/ldconfig is needed by (installed) libglade-java-2.12.5-1.fc5.i386
        /sbin/ldconfig is needed by (installed) libvte-java-0.12.1-5.fc5.i386
        /sbin/ldconfig is needed by (installed) isdn4k-utils-3.2-41.1.fc5.i386
        /sbin/ldconfig is needed by (installed) gstreamer-0.10.4-1.i386

ちなみに

# wc -l test.log 
5908 test_e_glibc2.4.log

こんなことにw


なんとかならないかとyum upgradeしてみたものの、解決しなかった上に何故かsambaが使用不可に;;

この話は、こちらhttp://linux2.g.hatena.ne.jp/bbs/1


FC6入れるしかないのか。面倒だなあ


[][]yumが通らない yumが通らない - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - yumが通らない - server_setting_memo yumが通らない - server_setting_memo のブックマークコメント

こんなエラーが出てた

# yum install glibc

Loading "installonlyn" plugin

Setting up Install Process

Setting up repositories

core [1/3]

http://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/5/i386/os/repodata/repomd.xml: [Errno 4] IOError: <urlopen error (110, 'Connection timed out')>

Trying other mirror.

Cannot open/read repomd.xml file for repository: core

failure: repodata/repomd.xml from core: [Errno 256] No more mirrors to try.

Error: failure: repodata/repomd.xml from core: [Errno 256] No more mirrors to try.

結論としては/etc/resolve.conf。つまりDNSが引けてなかった。

この春にipアドレスが変わってからnis, nfs, ...他に何があったっけ。。。?とにかく設定の変更がたくさんあるな。

来月あたりにまた変わるからそのときは逐一メモを取ることにしよう。


[参考]

http://bbs.fedora.jp/read.php?FID=2&TID=2329

tani@kinol.co.jptani@kinol.co.jp2007/12/21 09:57yum.conf に以下を追加記述して上手くゆきました。
[updates-released]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - Released Updates
baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/core/updates/$releasever/$basearch/
gpgcheck=1

pneumasterpneumaster2008/08/14 11:43あわわ.
遅くなってしまいごめんなさい.そしてありがとうございます.

DennisslureDennisslure2017/03/28 07:50zovirax creme et grossesse
<a href= http://heleneshou.blogg.no >zyban tabletten stoppen met roken</a>
<a href=http://masonducay.over-blog.com/2017/03/zovirax.html>zovirax tabletten zonder recept</a>
zovirax kopen supermarkt
<a href= http://lonsibounm.eklablog.net >propranolol kruidvat</a>
<a href=http://brandimroz.bloggsite.se>flagyl 500 mg bijsluiter</a>
flagyl siroop bijsluiter

WilliamKargoWilliamKargo2017/03/30 08:33aknemycin plus erfahrung
<a href= http://www.cipramil-08.webself.net >cipramil 10mg tablets</a>
<a href=https://benitocape.jimdo.com>aknemycin lösung anwendung</a>
azithromycin 500 1a pharma durchfall
<a href= http://holleyrapi.spruz.com >zineryt 30ml</a>
<a href=http://nouw.com/rematague>gabapentin teva opinie</a>
zineryt pret farmacia catena

SamuelSworbSamuelSworb2017/04/01 09:08exforge 5/160 precio
<a href= http://delmydavid.blogg.se >ibux pris</a>
<a href=http://ellsworthut.page4.me>dalacin 150 mg kemény kapszula</a>
flagyl 400 mg metronidazole side effects
<a href= http://ellsworthut.page4.me >dalacin krem dopochwowy opinie</a>
<a href=http://emmanuelje.tribalpages.com>proscar finasteride buy</a>
pergotime samleie

ReubenZotReubenZot2017/04/01 14:03qlaira engorda o adelgaza
<a href= http://laureneasu.tribalpages.com >diclofenaco colestiramina referencia</a>
<a href=http://andreahatt.wifeo.com>donde comprar excedrin en medellin</a>
qlaira preço pacheco
<a href= http://www.onweb.fr?company_id=17318 >qlaira comprar online</a>
<a href=http://janethorua.guildomatic.com>augmenting</a>
albendazol suspensão prati

WilliamPragoWilliamPrago2017/04/03 09:11nexium iv
<a href= http://chucklyshe.edublogs.org/2017/04/02/nexium/ >nexium programa de desconto telefone</a>
<a href=http://kaleighdzi.myfreesites.net>augmentin 875/125</a>
excedrin pm headache
<a href= http://jorgemanwa.jimdo.com >preço diclofenaco de potassio</a>
<a href=http://kaleighdzi.myfreesites.net>augmentin es preço</a>
priligy nerden alabilirim

MichaelpabMichaelpab2017/04/06 07:34amoxicilline 250 bebe
<a href= http://markettaro.startbewijs.nl >priligy vente au maroc</a>
<a href=http://elwoodeast.soup.io>nolvadex 20 mg wikipedia</a>
dermipred 10 mg pour chien
<a href= http://harleytarr.blogg.no >finasteride generique avis</a>
<a href=http://harleytarr.blogg.no>finasteride 5mg cheveux</a>
finasteride 1mg resultat

JamesresJamesres2017/04/08 18:38tadalafil generico
<a href= https://antoniosch.page4.me >zovirax crema bambini prezzo</a>
<a href=http://kirkagrest.myfreesites.net>etoricoxib torrinomedica</a>
janumet 50-1000 mg tablet
<a href= https://antoniosch.page4.me >zovirax pomata oftalmica</a>
<a href=http://www.luciocapsh-87.webself.net>celecoxib farmacocinetica pdf</a>
prezzo zovirax labiale cerotti

RichardjatRichardjat2017/04/10 09:36amoxicillina e acido clavulanico generico di augmentin
<a href= http://kingkouale.tribalpages.com >levetiracetam farmacocinetica y farmacodinamia</a>
<a href=http://elishakoew.ayosport.com/article-15572-zovirax>zovirax labiale per bambini</a>
amoxicillina torrino
<a href= http://jinnychoin.familybelle.com >janumet 50mg/1000mg dosage</a>
<a href=http://cruzliedy.guildomatic.com>celecoxib sandoz 100 mg</a>
amoxicillina e alcool

2007-05-02 (Wednesday)

[]yumエラー yumのエラー - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - yumのエラー - server_setting_memo yumのエラー - server_setting_memo のブックマークコメント

[環境]

Fedora Core 6


次のようなエラーが出た

Traceback (most recent call last):

File "/usr/bin/yum", line 29, in ?

yummain.main(sys.argv[1:])

File "/usr/share/yum-cli/yummain.py", line 102, in main

result, resultmsgs = do()

File "/usr/share/yum-cli/cli.py", line 359, in doCommands

return self.yum_cli_commands[self.basecmd].doCommand(self, self.basecmd, self.extcmds)

File "/usr/share/yum-cli/yumcommands.py", line 353, in doCommand

return base.updatePkgs(extcmds)

File "/usr/share/yum-cli/cli.py", line 628, in updatePkgs

self.doRepoSetup()

File "/usr/share/yum-cli/cli.py", line 102, in doRepoSetup

yum.YumBase.doRepoSetup(self, thisrepo=thisrepo)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/yum/__init__.py", line 299, in doRepoSetup

repo.setup(self.conf.cache)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/yum/yumRepo.py", line 518, in setup

self.baseurlSetup()

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/yum/yumRepo.py", line 359, in baseurlSetup

mirrorurls = getMirrorList(self.mirrorlist, self.proxy_dict)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/yum/yumRepo.py", line 713, in getMirrorList

fo = urlresolver.urlopen(url, proxies=pdict)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 607, in urlopen

return default_grabber.urlopen(url, **kwargs)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 884, in urlopen

return self._retry(opts, retryfunc, url)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 845, in _retry

r = apply(func, (opts,) + args, {})

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 883, in retryfunc

return URLGrabberFileObject(url, filename=None, opts=opts)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 1001, in __init__

self._do_open()

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 1068, in _do_open

fo, hdr = self._make_request(req, opener)

File "/usr/lib/python2.4/site-packages/urlgrabber/grabber.py", line 1168, in _make_request

fo = opener.open(req)

File "/usr/lib/python2.4/urllib2.py", line 358, in open

response = self._open(req, data)

File "/usr/lib/python2.4/urllib2.py", line 376, in _open

'_open', req)

File "/usr/lib/python2.4/urllib2.py", line 337, in _call_chain

result = func(*args)

File "/usr/lib/python2.4/urllib2.py", line 573, in <lambda>

lambda r, proxy=url, type=type, meth=self.proxy_open: ¥

File "/usr/lib/python2.4/urllib2.py", line 580, in proxy_open

if '@' in host:

TypeError: iterable argument required


[解決方法]

環境変数HTTP_PROXYが今まで

xxx.yyy.zzz.www:ppp

になっていたが

http://xxx.yyy.zzz.www:ppp

にしたら直った。


[参考]

http://fedora.jp/pipermail/users/2003-November/004756.html


iterable argument requiredの文から、ずっとyum引数が違うのかな、と勘違いしてました

2007-01-17 (Wednesday)

[][][]sambaで発見した! 04:13 sambaで発見した! - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - sambaで発見した! - server_setting_memo sambaで発見した! - server_setting_memo のブックマークコメント

sambaの設定ファイルの中の[homes]セクションでも%uが使える!*1


つまりどういうことかっていうと

Linuxを知らないユーザを抱えている場合に

何もないフォルダを使ってもらうことが(使わせることが)可能なわけだ。


veto filesなどの設定で”.”からはじまる隠しファイルを表示させない、という設定があったはず。

だけどWindowsのフォルダオプションで「すべてのファイルとフォルダを表示する」にしてしまうと

隠しファイルが表示されてしまう。

しかし先にも述べたように

Windows(で隠しファイルを表示させてる程度)の経験はあるが、Linuxは知らない一般ユーザに対してはこの設定は親切でない。

「使っていいよ」と伝えられたフォルダの中に既に何かが入ってたら気になるじゃないか。(俺だけ?

一から使いたいのに消してはならないファイルがあると困る。

続きを読む

*1:[global]セクション内でしか%uとか%mとかの表記を見たことが無かったから発見したよ~的なことを偉そうに書いちゃったけど、この表記ってsambaの設定ファイル内で元々使えるものだよね?

2006-12-17 (Sunday)NISサーバ

[][][]NISサーバ立てました 14:48 NISサーバ立てました - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - NISサーバ立てました - server_setting_memo NISサーバ立てました - server_setting_memo のブックマークコメント

[環境]

  • サーバ
    • distribute : FC5
    • ypserv : (ypserv) 2.19

当方、サーバ用のPCクライアント用のPCの2台しか所有してないのでスレーブサーバについては載せてません。あしからず

続きを読む

2006-11-10 (Friday)NFSサーバ

[][][]NFSサーバ立てました 21:04 NFSサーバ立てました - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - NFSサーバ立てました - server_setting_memo NFSサーバ立てました - server_setting_memo のブックマークコメント

NFSサーバsambaにも使用したサーバPCNFSクライアントにはvmplayerを用いました.

vmを使ったのはメインPCWindowsシングルブートだからなわけで.

とりあえず,NFSサーバに関連するファイルコマンドの紹介.

の前に動いてますよ,な感じのSS

20061110_nfs1.png

それでは,今度こそ紹介.

[][][]サーバの立て方 21:04 サーバの立て方 - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - サーバの立て方 - server_setting_memo サーバの立て方 - server_setting_memo のブックマークコメント

【Server】Fedora Core 5

とりあえず,

設定をする前に

# rpm -qa | grep nfs

  でnfs-utilsが入ってることを確認しましょう.

  俺の環境には

  nfs-utils-lib-1.0.8-3.1

  nfs-utils-1.0.8.rc2-4.FC5.2

  system-config-nfs-1.3.19-1

  の3つが入っていたので,もしかしたら他のも必要かも.

[file]

/etc/exports

  NFSで公開する(エクスポート)ディレクトリ記述

  スペースの扱い,root_squash等の注意

/etc/hosts.deny

/etc/hosts.allow

  記述はALL:hostでも問題ないけど,

  portmap:hostとデーモン名毎に把握して書いた方が

  セキュリティとしては安全

[command]

次のコマンドを順番通りに起動しましょう.

第1フィールドに書いた番号が起動する順番です.

同じ数字は順不同で.

1 # /sbin/portmap

  ディストリビューションによってはrpc.portmapであることも.

2 # /usr/sbin/rpc.nfsd

2 # /usr/sbin/rpc.mountd

3 # /usr/sbin/rpc.statd

3 # /usr/sbin/rpc.lockd :ファイルロックを使う場合は起動

# rpcinfo -p

  portmapper, nfs, nlockmgr, mountd, statusの5つかな

  これらが起動していることを確認しましょう.

# ps ax

  でプロセスがあることも確認しておきましょう.

  ※余談ですが,ツリー表示はps axjf

# exportfs -a

  /etc/exportsの変更を更新します.

他の設定としては,

次からの起動のためにchkconfigでデーモンが実行されているかも確認しておきましょう.

nfsとnfslockがそれです.

nfslockも使わない場合はoffのままでも問題ないはずですが.  


[][][]クライアントの設定 21:04 クライアントの設定 - server_setting_memo を含むブックマーク はてなブックマーク - クライアントの設定 - server_setting_memo クライアントの設定 - server_setting_memo のブックマークコメント

ClientFedora Core 4

[file]

# mkdir clientdir

  マウントするディレクトリはあらかじめ作っておかなければなりません.

# mount -t nfs serverhostname:serverdir clientdir

  (serverhostname:サーバホストネーム名前解決できないならIPも可)

  これでマウントできます.

  ファイルシステムは指定しなくてもいけると思います.

  nfsファイルシステムを使うためには

  /proc/filesystemsにnfsが記述されていなければならない

  らしいのですが,俺の環境ではできました.

これで以上ですが,ブート時にマウントする方法として以下の2つがあります

o /etc/fstabに記述する

o automountを用いる

fstabの記述は既に記述されているものを真似ればよいです.

例としては

192.168.xxx.yyy:/serverdir /clientdir nfs option 0 0

となります.

ホストディレクトリの指定方法はscpなどで用いたりLinuxで普段使われる表記だと思いますので,常識として覚えておいて損は無いと思います.

フィールドを区切っているスペースはタブでもOKです.

第3フィールドnfsはautoでもよいと思います.

第4フィールドオプションについてはrsize, wsizeがあります.

これらはクライアントサーバ間の転送単位を表すものです.

いくつがいいのか分からなかったので4096としておきました

そろそろタイプするのが億劫になってきました.(ぇ

また,サーバとの接続が保障されなくなったときにクライアントがどのように振舞うかを指定するオプションとしてhard, softがあります.

それぞれハードマウントソフトマウントと呼びます.

ソフトマウントファイルの破損が生じるため基本はhardオプションを用いておきましょう.hardを使う場合はintrオプションを併用すると,サーバクラッシュした時に,サーバ接続していたプロセスサーバが復旧するまで停止します.復旧すれば何も無かったかのように継続されます.

第5,第6フィールドはそれぞれdumpfsckコマンドのときのフラグです.

ローカルファイルシステムではありませんし,0にしておきましょう.

詳細はfstabについて調べてください


automountについては/etc/auto.masterに記述したディレクトリに対してautofsを適用します.

記述の仕方は,例として

/misc /etc/auto.misc

このようなものです.

これは/miscにautofsを適用し,その動作を定義する設定ファイルは/etc/auto.miscであることが書かれています.

しかし,この方法だとディレクトリを一枚はさむので,ルートディレクトリ直下にマウントしたかった俺としては―――

というわけで,fstabを使うことにしました.

automountの方がシステムリソースは少ないらしいのですが...


参考:

/etc/exportsファイルに関して

http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/s1-nfs-server-export.html

http://h50221.www5.hp.com/cgi/service/knavi/production/doc_disp.cgi?category=722&doc=jnav000323

NFSサーバ

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/NFS-HOWTO/server.html

http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/nfs01_01.jsp

http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/ch-nfs.html

NFSクライアント

http://www.stackasterisk.jp/tech/systemConstruction/nfs01_01.jsp

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/NFS-HOWTO/client.html

http://www.a-yu.com/opt/nfs01.html

automount

http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/s1-nfs-client-config.html

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Automount.html

http://www.momonga-linux.org/docs/Removable-HOWTO/ja/automount.html

http://www.d2.dion.ne.jp/~imady/unixtips/linux-nisplus-autofs.html

上記のサイトの方々,ありがとうございます.


次はNISサーバを作ってみたいと思います.

ああ疲れた.