Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年11月08日(月)

SKK engine for iBUS

| 22:30 |  SKK engine for iBUS - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク -  SKK engine for iBUS - Going My Linux Way  SKK engine for iBUS - Going My Linux Way のブックマークコメント

私は日本語入力に SKK を使用しています。

SKK は連文節変換機能を持たない IME です。

文節/単語の区切りは大文字で打ち込みユーザが指定します。

(入力)
Watashi[SPACE]haNihongo[SPACE]Nyuuryoku[SPACE]ni
(変換)
私は日本語入力に

変わったところでは「/」で始まる入力は英語のスペルと解釈されます。

(入力)
/file[SPACE]wo/copy[SPACE]shimasu
(変換)
ファイルをコピーします

連文節変換の誤変換による文節の調節(戻り)がどうも好きではないので SKK を長い間愛用しています。

Ubuntu でのインストール

ibus-skk パッケージをインストールします。

Ubuntu再起動します。(再起動しないと SKKibus-setup から見えない)

IM に SKK を使用する設定をします。

設定は ibus-setup という GUI ツールで行います。(GNOME メニューバー「システム」->「設定」->「iBUSの設定」)

インプットメソッド」タブの画面を開きます。

f:id:lnznt:20120202010509j:image

インプットメソッド」選択リストから「日本語」を選ぶと「SKK」が表示されます。

f:id:lnznt:20120202010729j:image

SKK」を選択して「追加」します。

f:id:lnznt:20120202010511j:image

リストに追加された「SKK」を選択して「上へ」ボタンを押します。

f:id:lnznt:20120202010512j:image

優先順位を一番上に上げれば SKK が使えるようになります。

f:id:lnznt:20120202010513j:image

トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20101108