Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013年10月14日(月)

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その28:Ruby)

| 23:54 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その28:Ruby) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その28:Ruby) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その28:Ruby) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その28。

Ruby

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
Rubyインタプリタ + REPLrubyInterpreter of object-oriented scripting language Ruby (default version)

インストール

$ sudo apt-get install ruby

----

hello.rb (サンプルスクリプト Ruby ver.1.9版)

#!/usr/bin/env ruby
# -*- coding: UTF-8 -*-
puts "hello, world"

インタプリタでの実行例。

$ ruby hello.rb
hello, world

----

REPL の使用例。

$ irb
irb(main):001:0> puts "hello, world"
hello, world
=> nil
irb(main):002:0>              # Ctrl + D で終了 

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その27:その他の言語)

| 23:54 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その27:その他の言語) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その27:その他の言語) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その27:その他の言語) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その27。

その他の言語

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
COBOLコンパイラopen-cobolCOBOL Compiler
FortranコンパイラgfortranGNU Fortran 95 コンパイラ
BASICREPLbybasicBywater BASIC インタプリタ
Pascalコンパイラfp-compilerFree Pascal - compiler dependency package
AdaコンパイラgnatGNU Ada compiler

(以上、パッケージの紹介のみ)

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その26:Io)

| 23:47 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その26:Io) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その26:Io) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その26:Io) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その26。

Io

Io のパッケージは Ubuntu にないようなので、Io のサイトからダウンロードする。

Linux の x64deb (iobin-linux-x64-deb-current.zip)をダウンロードする。

ダウンロードしたら以下のようにしてインストールする。

$ unzip iobin-linux-x64-deb-current.zip
$ sudo dpkg -i IoLanguage-2012.11.10-Linux-x64.deb

----

REPLの起動例。

$ io
Io 20110905
Io> "hello, world" println
hello, world
==> hello, world
Io>                             # ^D で終了

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その25:Icon)

| 23:46 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その25:Icon) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その25:Icon) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その25:Icon) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その25。

Icon

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
Iconコンパイラicontinterpreter for Icon, a high-level programming language

インストール

$ sudo apt-get install icont

----

hello.icn (サンプルソース)

procedure main(args)
        write ( "hello, world" );
end

コンパイルの例。

$ icont hello.icn

実行の例。

$ ./hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その24:D言語)

| 23:32 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その24:D言語) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その24:D言語) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その24:D言語) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その24。

D言語

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
D言語コンパイラgdcD Compiler (language version 2), based on the GCC backend

インストール

$ sudo apt-get install gdc

----

hello.d (サンプルソース)

import std.stdio;

void main()
{
    writeln("Hello, world!");
}

コンパイルの例。

$ gdc -o hello hello.d

実行の例。

$ ./hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その23:Python)

| 23:31 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その23:Python) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その23:Python) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その23:Python) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その23。

Python

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
Pythonインタプリタ/REPLpython対話式の高レベルオブジェクト指向言語 (デフォルトバージョン)

インストール

$ sudo apt-get install python

----

hello.py (サンプルスクリプト)

#!/usr/bin/env python

print "hello, world"

インタプリタでの実行例。

$ python hello.py
hello, world

----

REPL の使用例。

$ python
Python 2.7.4 (default, Sep 26 2013, 03:20:26) 
[GCC 4.7.3] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> print "hello, world"
hello, world
>>>                    # Ctrl + D で終了 

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その22:PHP)

| 23:30 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その22:PHP) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その22:PHP) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その22:PHP) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その22。

PHP

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
PHPHTML組込み言語/インタプリタphp5サーバサイドのHTML組込みスクリプト言語 (メタパッケージ)

インストール

$ sudo apt-get install php5

----

hello.php (サンプルスクリプト)

<?php
    echo "hello, world\n";
?>

インタプリタでの実行例。

$ php hello.php
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その21:Perl)

| 23:30 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その21:Perl) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その21:Perl) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その21:Perl) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その21。

Perl

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
PerlインタプリタperlLarry Wall作の実用的な抽出とレポート用の言語

インストール

$ sudo apt-get install perl

----

hello.pl (サンプルスクリプト)

#!/usr/bin/env perl

print "hello, world\n"

インタプリタでの実行例。

$ perl hello.pl
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その20:CoffeeScript)

| 23:28 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その20:CoffeeScript) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その20:CoffeeScript) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その20:CoffeeScript) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その20。

CoffeeScript

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
CoffeeScriptコンパイラ + REPLrubyinterpreter and compliler for the CoffeeScript language

インストール

$ sudo apt-get install coffeescript

----

hello.coffee (サンプルソース)

hello = ->
        console.log "hello, world"

hello()

コンパイルの例。

$ coffee -c hello.coffee

Node.js による実行例

$ nodejs hello.js
hello, world

----

REPL の使用例。

$ coffee 
coffee> hello = -> console.log "hello, world"   # hello の定義
[Function]
coffee> hello()                                 # hello の実行
hello, world
undefined
coffee>            # ^D で終了

関連パッケージ

npm(Node.js のパッケージ管理)は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install npm

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その19:JavaScript)

| 23:27 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その19:JavaScript) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その19:JavaScript) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その19:JavaScript) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その19。

Rhino

Ubuntu パッケージ

言語種類パッケージ名パッケージ説明
JavaScriptインタプリタ/REPLrhinoJavaScript engine written in Java

インストール

$ sudo apt-get install rhino

----

hello.js (サンプルソース)

print("hello, world");

インタプリタでの実行の例。

$ rhino hello.js
hello, world

----

REPL の使用例。

$ rhino
Rhino 1.7 release 3 2012 05 18
js> print("hello, world");
hello, world
js>                // ^D でシェル終了 

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その18:Tcl/Tk)

| 23:24 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その18:Tcl/Tk) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その18:Tcl/Tk) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その18:Tcl/Tk) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その18。

Tcl/Tk

Tcl/Tk は既にインストール済みである。

以下、試してみる。

Tclのシェル(tclsh)を起動して「hello, world」を出力する。

$ tclsh
% puts "hello, world"
hello, world
%                      # ^D でシェル終了

Tk で「hello, world」とラベルされたボタンを持つGUI プログラム(hello.tcl)をカレントディレクトリに作成。

#!/bin/sh
# the next line restarts using wish \
exec wish "$0" "$@"

button .b1 -text "hello, world" -command {exit}

pack .b1

Tkシェル(wish)で実行する。

$ wish hello.tcl

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その17:Groovy)

| 18:41 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その17:Groovy) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その17:Groovy) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その17:Groovy) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その17。

Groovy

Groovy は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install groovy

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(Hello.grrovy)をカレントディレクトリに作成。

println "hello, world"

groovyコマンドで実行する。

$ groovy Hello.groovy 
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その16:Lua)

| 18:36 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その16:Lua) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その16:Lua) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その16:Lua) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その16。

Lua

Lua は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install lua5.1

以下、試してみる。

インタプリタ(luaコマンド)で「hello, world」を出力する。

$ lua
Lua 5.1.5  Copyright (C) 1994-2012 Lua.org, PUC-Rio
> print("hello, world")
hello, world
>                            -- ^D でシェル終了

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その15:Forth)

| 18:00 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その15:Forth) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その15:Forth) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その15:Forth) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その15。

Forth

GNU Forth は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install gforth

以下、試してみる。

インタプリタ(gforthコマンド)で「hello, world」を出力する。

$ gforth
Gforth 0.7.0, Copyright (C) 1995-2008 Free Software Foundation, Inc.
Gforth comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details type `license'
Type `bye' to exit
CR .( hello, world)          ( ここは入力 )
hello, world ok              ( これは出力 )
bye                          ( bye でシェル終了 )

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その14:Smalltalk)

| 17:45 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その14:Smalltalk) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その14:Smalltalk) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その14:Smalltalk) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その14。

Smalltalk

GNU Smalltalk は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install gnu-smalltalk

以下、試してみる。

インタプリタ(gstコマンド)で「hello, world」を出力する。

$ gst
GNU Smalltalk ready

st> 'hello, world' printNl.
'hello, world'
'hello, world'
st>                     "^D でシェル終了"

hello, world が2回出力されたのは、実行による出力とインタプリタ(REPL)自身の出力である(と思う)。

Squeak

Squeak (Smalltalk ブラウザ)のインストールは以下のように行う

$ sudo apt-get install squeak-vm

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その13:OCaml)

| 17:31 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その13:OCaml) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その13:OCaml) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その13:OCaml) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その13。

OCaml

OCaml は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install ocaml

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム hello.ml をカレントディレクトリに作成。

print_endline "hello, world";;

ocamlc でコンパイルする。

$ ocamlc -o hello hello.ml

実行。

$ ./hello 
hello, world

----

REPL の起動は ocaml コマンドを実行する。

$ ocaml
        Objective Caml version 3.12.1

#                             (* ^D でシェル終了 *)

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その12:Scheme,LISP)

| 17:13 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その12:Scheme,LISP) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その12:Scheme,LISP) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その12:Scheme,LISP) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その12。

Gauche

Gauche (Schemeインタプリタ) は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install gauche

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム hello.scm をカレントディレクトリに作成。

(print "hello, world")

インタプリタ(gosh)でこのスクリプトを実行する。

$ gosh hello.scm 
hello, world

Guile

GNU Guile (Scheme インタプリタ)のインストールは以下のようにする。

$ sudo apt-get install guile-2.0

Common LISP

GNU Common LISPインストールは以下のようにする。

$ sudo apt-get install clisp

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その11:Clojure)

| 16:42 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その11:Clojure) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その11:Clojure) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その11:Clojure) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その11。

Clojure

Clojure は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install clojure1.4

以下、試してみる。

REPL を起動して「hello, world」を出力する。

$ clojure
Clojure 1.4.0
user=> (println "hello, world")
hello, world
nil
user=>                       ; ^D で REPL 終了

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その10:Haskell)

| 16:11 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その10:Haskell) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その10:Haskell) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その10:Haskell) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その10。

Haskell

GHC(Glasgow Haskell Compiler) は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install ghc

HUGS インタプリタは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install hugs

以下、試してみる。

5の階乗を計算して出力するプログラム(fac.hs)をカレントディレクトリに作成。

ac 0 = 1
fac n = n * fac (n-1)

main = print (fac 5)

以下のようにビルドする。

$ ghc -o fac fac.hs
[1 of 1] Compiling Main             ( fac.hs, fac.o )
Linking fac ...

実行ファイル fac ができるので実行する。

$ ./fac
120

----

HUGS を試す。

hugsコマンドで起動して、fac.hs をロードして fac 5 を実行してみる。

$ hugs
__   __ __  __  ____   ___      _________________________________________
||   || ||  || ||  || ||__      Hugs 98: Based on the Haskell 98 standard
||___|| ||__|| ||__||  __||     Copyright (c) 1994-2005
||---||         ___||           World Wide Web: http://haskell.org/hugs
||   ||                         Bugs: http://hackage.haskell.org/trac/hugs
||   || Version: September 2006 _________________________________________

Haskell 98 mode: Restart with command line option -98 to enable extensions

Type :? for help
Hugs> :l fac.hs
Main> fac 5
120
Main>                       -- ^D でシェル終了

----

関連する記事

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その9:Prolog)

| 15:49 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その9:Prolog) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その9:Prolog) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その9:Prolog) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その9。

Prolog

SWI Prolog インタプリタは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install swi-prolog

以下、試してみる。

SWI Prolog インタプリタ(swiplコマンド)を起動して「hello, world」を出力する。

$ swipl
Welcome to SWI-Prolog (Multi-threaded, 64 bits, Version 5.10.4)
Copyright (c) 1990-2011 University of Amsterdam, VU Amsterdam
SWI-Prolog comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY. This is free software,
and you are welcome to redistribute it under certain conditions.
Please visit http://www.swi-prolog.org for details.

For help, use ?- help(Topic). or ?- apropos(Word).

?- write('hello, world'),nl.
hello, world
true.

?- halt.    % インタプリタを終了する

----

関連する記事

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その8:Erlang)

| 14:42 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その8:Erlang) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その8:Erlang) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その8:Erlang) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その8。

Erlang

Erlang は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install erlang

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.erl)をカレントディレクトリに作成。

-module(hello).       %% このプログラムをモジュールに入れる宣言。
                      %% モジュール名はファイルの basename(この場合 hello)
-export([start/0]).   %% 関数 hello:start/0 を外部呼び出し可能にする

                      %% 関数 start/0 の定義 (0 はアリティ(引数の数))
start() -> io:format("hello, world~n").

ビルドするには以下のようにする。

$ erlc hello.erl

カレントディレクトリに hello.beam ができるので実行してみる。(erl コマンドを使って実行する)

$ erl -noshall -s hello start -s init stop
hello, world

オプション -noshell は対話型機能(バナーとか?)の抑止、-s hello start は hello:start() の実行、init:stop() は処理系の終了処理(かな?)

----

Erlangシェル

Erlang には シェルプログラムがついている。

シェルを起動するには erl コマンドを実行する。(以下は起動して hello.erl をコンパイルして実行する例)

$ erl
Erlang R15B01 (erts-5.9.1) [source] [64-bit] [smp:2:2] [async-threads:0] [kernel-poll:false]

shell V5.9.1  (abort with ^G)
1> c(hello).               # コンパイル。hello.beam ができる
{ok,hello}
2> hello:start().          # 実行
hello, world
ok
3> q().                    # シェルを終了 
ok
4>

----

関連する記事

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その7:Scala)

| 13:55 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その7:Scala) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その7:Scala) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その7:Scala) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その7。

Scala

Scala は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install scala

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(Hello.scala)をカレントディレクトリに作成。

(ファイル名の大文字と小文字に注意すること。Hello.scala は大文字始まり)

object Hello
{
    def main(args: Array[String]) {
        println("hello, world")
    }
}

ビルドするには以下のようにする。

$ scalac Hello.java

カレントディレクトリに Hello.class と Hello$.class ができるので実行してみる。(scala コマンドを使って実行する)

$ scala Hello
hello, world

----

Scala REPL

Scala には REPL (Read Eval Print Loop) プログラムがついている。

引数なしで scala コマンドを実行する。(以下は起動して hello, world を出力する例)

$ scala
Welcome to Scala version 2.9.2 (OpenJDK 64-Bit Server VM, Java 1.7.0_25).
Type in expressions to have them evaluated.
Type :help for more information.

scala> printf("hello, world")
hello, world
scala> 

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その6:C#/Mono)

| 12:57 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その6:C#/Mono) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その6:C#/Mono) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その6:C#/Mono) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その6。

Mono

Mono (C#コンパイラ含む)は以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install mono-devel

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.cs)をカレントディレクトリに作成。

using System;

class Hello
{
        public static void Main()
        {
            Console.WriteLine("hello, world");
        }
}

ビルドするには以下のようにする。(dmcs は C#4.0 のコンパイラ)

$ dmcs hello.cs

カレントディレクトリに hello.exe ができるので実行してみる。

$ ./hello.exe
hello, world

hello.exeELF (Linux ネイティブバイナリ)でなく PE32バイナリ。(Windows .NET環境で実行できる)

----

関連する記事

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その5:Objective-C)

| 12:45 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その5:Objective-C) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その5:Objective-C) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その5:Objective-C) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その5。

Objective-C

コンパイラGCC

Objective-C コンパイラは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install gobjc

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.m)をカレントディレクトリに作成。

#import <objc/Object.h>
#import <stdio.h>

int main()
{
    printf("hello, world\n");

    return 0;
}

ビルドするには以下のようにする。

$ gcc -o hello hello.m

カレントディレクトリに hello ができるので実行してみる。

$ ./hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その4:Go言語)

| 12:12 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その4:Go言語) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その4:Go言語) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その4:Go言語) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その4。

Go言語

コンパイラGCC

Go コンパイラは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install gccgo

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.go)をカレントディレクトリに作成。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
    return
}

ビルドするには以下のようにする。

$ gcc -o hello hello.go

カレントディレクトリに hello ができるので実行してみる。

$ ./hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その3:Java)

| 11:35 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その3:Java) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その3:Java) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その3:Java) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その3。

Java

コンパイラは OpenJDK。

Java コンパイラは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install default-jdk

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(Hello.java)をカレントディレクトリに作成。

(ファイル名の大文字と小文字に注意すること。Hello.java は大文字始まり)

public class Hello
{
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("hello, world");
    }
}

ビルドするには以下のようにする。

$ javac Hello.java

カレントディレクトリに Hello.class ができるので実行してみる。(java コマンドを使って実行する)

$ java Hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その2:C++)

| 11:00 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その2:C++) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その2:C++) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その2:C++) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その2。

C++

コンパイラGCC

C++コンパイラは以下のようにしてインストールする。

$ sudo apt-get install g++

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.cpp)をカレントディレクトリに作成。

#include <iostream>

int main()
{
    std::cout << "hello, world" << std::endl;

    return 0;
}

ビルドするには以下のようにする。

$ make hello

カレントディレクトリに実行ファイル hello ができるので実行してみる。

$ ./hello
hello, world

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語)

| 08:00 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その1。

KVM 上に Ubuntu Linux 13.04 (64bit版)をクリーンインストールした環境で試した。

インストール後には以下のパッケージをインストールをした。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install synaptic \     (パッケージマネージャ)
                       xfce4    \     (デスクトップ環境)
                       ssh      \     (SSH)
                       vim            (テキストエディタ)
$ sudo apt-get autoremove

C言語

コンパイラGCC

C言語コンパイラは既にインストール済みになっている。

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.c)をカレントディレクトリに作成。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    printf("hello, world\n");

    return EXIT_SUCCESS;
}

ビルドするには以下のようにする。

$ make hello

カレントディレクトリに実行ファイル hello ができるので実行してみる。

$ ./hello
hello, world

64bit 環境で 32bitバイナリC言語コンパイル

詳しくは以下を参考にしてください。

64bit環境で 32bit バイナリコンパイルできるように以下を実行。

$ sudo apt-get install libc6-dev-i386

先程の hello をビルドしなおしてみる。

$ rm hello
$ CFLAGS=-m32 make hello

これで 32bit 版の hello ができる。

トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20131014