Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013年10月14日(月)

Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語)

| 08:00 | Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way Ubuntu へのプログラミング言語のインストールメモ (その1:C言語) - Going My Linux Way のブックマークコメント

プログラミング言語インストールメモのシリーズ。その1。

KVM 上に Ubuntu Linux 13.04 (64bit版)をクリーンインストールした環境で試した。

インストール後には以下のパッケージをインストールをした。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install synaptic \     (パッケージマネージャ)
                       xfce4    \     (デスクトップ環境)
                       ssh      \     (SSH)
                       vim            (テキストエディタ)
$ sudo apt-get autoremove

C言語

コンパイラGCC

C言語コンパイラは既にインストール済みになっている。

以下、試してみる。

「hello, world」を出力するプログラム(hello.c)をカレントディレクトリに作成。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main(void)
{
    printf("hello, world\n");

    return EXIT_SUCCESS;
}

ビルドするには以下のようにする。

$ make hello

カレントディレクトリに実行ファイル hello ができるので実行してみる。

$ ./hello
hello, world

64bit 環境で 32bitバイナリC言語コンパイル

詳しくは以下を参考にしてください。

64bit環境で 32bit バイナリコンパイルできるように以下を実行。

$ sudo apt-get install libc6-dev-i386

先程の hello をビルドしなおしてみる。

$ rm hello
$ CFLAGS=-m32 make hello

これで 32bit 版の hello ができる。

トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20131014