Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年05月20日(日)

virt-manager (仮想マシンマネージャー) - インストールするための有効な接続がありません

14:44 | virt-manager (仮想マシンマネージャー) - インストールするための有効な接続がありません  - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク - virt-manager (仮想マシンマネージャー) - インストールするための有効な接続がありません  - Going My Linux Way virt-manager (仮想マシンマネージャー) - インストールするための有効な接続がありません  - Going My Linux Way のブックマークコメント

Linux KVM を管理するツールとして virt-managerインストールしました。

$ sudo apt-get install virt-manager

virt-install (virtinst パッケージ) も依存関係でインストールされます。

問題発生

インストールされると Xfce4 の上部パネルのアプリケーションメニューに[システム]->[仮想マシンマネージャー]として登録されます。

ですが、ここから virt-manager を起動させてもハイパーバイザ qemu:///system に接続できません

仮想マシンを新規作成しようとしても、ダイアログに警告が出て作成されません。

インストールするための有効な接続がありません 

ちょっとハマりましたが、原因はアプリケーションメニューの virt-manager は一般ユーザ権限で起動されるからでした。

対処

Xfce4 のアプリケーションメニューの編集方法が分からないので、アプリケーションメニューから [仮想マシンマネージャー]のアイコンをドラッグして上部パネルにドロップしてランチャ(Windows のクイック起動みないなもの)として登録して、このランチャープロパティを編集(コマンドを[virt-manager]から[sudo virt-manager]に変更)しました。

(私のアカウントは sudoers に NOPASSWD でコマンド実行できるように登録させてあります)

sudoers の編集

$ sudo visudo

結果

ランチャから起動した仮想マシンマネージャはちゃんとlocalhost(QEMU)に接続できています。

トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20120520