Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年02月03日(金)

GParted Live を PXEブート

| 20:58 |  GParted Live を PXEブート - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク -  GParted Live を PXEブート - Going My Linux Way  GParted Live を PXEブート - Going My Linux Way のブックマークコメント

GParted は パーティションの追加/削除/リサイズなどができるツールです。

Ubuntu では以下のようにしてインストールできます。

$ sudo apt-get install gparted

起動は以下のようにします。

$ sudo gparted &

f:id:lnznt:20120203210347j:image

----

GParted Live CD/USB/HD/PXE Bootable Image という Live CD イメージがあります。

CD ブートすると Debian らしき Linux 上で GParted が起動します。

この GParted Live CD を VirtualBox 環境で PXE ブートさせようと思います。

VirtualBox 環境は前の日記( VirtualBox の内部ネットワークで PXE サーバ構築 - Going My Linux Way - りなっくすいろいろ)で作成した環境を使います。

Live CD イメージは GParted サイト(http://gparted.sourceforge.net/download.php)からダウンロードできます。

  • gparted-live-0.11.0-10.iso (stable release)

構築

現在 Virutal Box 環境はこうなってます。

f:id:lnznt:20120203212731j:image

192.168.11.0/24(仮想:bootnet)が PXE ブート用ネットワークです。

ゲストOS#1 は PXE サーバになってますので、ここに設定を追加します。

手順は、以下のページを参考にしました。

Webサーバインストール

Web サーバを使うので Apacheインストールします。

$ sudo apt-get install apache2

Live CD イメージのマウント

Live CD イメージを仮想CD/DVDディスクとして追加します。

VirtualBoxツールバーの「デバイス(D)」->「CD/DVDデバイス(C)」->「仮想ディスクファイルの選択」で Live CD イメージ(gparted-live-0.11.0-10.iso)を選択します。

次にマウントポイントを作成して Live CD イメージをマウントします。

$ sudo mkdir /var/lib/tftpboot/images/gparted-livecd/
$ sudo mount -o ro /dev/sr0 /var/lib/tftpboot/images/gparted-livecd

GParted ファイルシステムの公開

HTTP 用ドキュメントディレクトリを作成して GParted のファイルシステムをリンクします。

$ sudo mkdir -p /var/www/pxeboot/gparted-live/
$ cd !$
$ sudo ln -s /var/lib/tftpboot/images/gparted-livecd/filesystem.squashfs .

SYSLINUX メニューの追加

/var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/default を以下のように修正します。

(default unbuntu をコメントアウトしないと「boot:」プロンプトはでません)

#default ubuntu

label ubuntu
  kernel images/ubuntu-11.10-amd64/casper/vmlinuz
  append boot=casper netboot=nfs nfsroot=192.168.11.11:/var/lib/tftpboot/images/ubuntu-11.10-amd64 initrd=images/ubuntu-11.10-amd64/casper/initrd.lz

label gparted
  kernel images/gparted-livecd/live/vmlinuz
  append initrd=images/gparted-livecd/live/initrd.img boot=live config union=aufs noswap noprompt vga=788 fetch=http://192.168.11.11/pxeboot/gparted-live/filesystem.squashfs

PXE ブートした時の「boot:」プロンプトに対して「ubuntu」、「gparted」のいずれかを選択できます。

---

設定は以上です。

試すには、ゲストOS#3 の仮想マシン設定を変えて起動すると PXE ブートできます。

項目現在の値変更後の値
システム - 起動順序ハードディスク優先ネットワーク優先
ネットワークアダプタ1NAT無効
ネットワークアダプタ2内部ネットワーク(intnet)無効
ネットワークアダプタ3無効内部ネットワーク(bootnet)、アダプタタイプ(PCnet-FAST III)
ネットワークアダプタ4無効無効
トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20120203