Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年01月31日(火)

VirtualBox で 2つのゲストOSを内部ネットワークで接続

| 23:59 |  VirtualBox で 2つのゲストOSを内部ネットワークで接続 - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク -  VirtualBox で 2つのゲストOSを内部ネットワークで接続 - Going My Linux Way  VirtualBox で 2つのゲストOSを内部ネットワークで接続 - Going My Linux Way のブックマークコメント

VirtualBox の 2つの仮想マシンUbuntu 11.10 desktop (amd64) をインストールしました。(手順は VirtualBox に Ubuntu 11.10 (amd64) をインストール(その1) - Going My Linux Way - りなっくすいろいろ)

VirtualBox には「内部ネットワーク」というゲストOSだけが参加できる仮想ネットワークの仕組みがあるので、それを使って以下のような環境を組みたいと思います。

f:id:lnznt:20120201014341j:image

ホスト OS からは仮想ネットワークは(自身のアドレス 10.0.2.2 も)見えません。

----

手順

  1. 仮想マシンの設定
    1. ネットワークアダプタ 1 を「NAT」にする
    2. ネットワークアダプタ 2 を「内部ネットワーク」にする
  2. ゲストOS の設定
    1. eth1 の 固定IPアドレスを設定する

手順詳細

仮想マシンの設定

以下の設定を 2つの仮想マシン両方にします。

まず、ネットワークアダプタ 1 を「NAT」にします。

f:id:lnznt:20120201015017j:image

次に、ネットワークアダプタ 1 を「内部ネットワーク」にします。

名前は内部ネットワークの識別に使われます。任意の名前でよいですが両方の仮想マシンで同じ名前にしてください。

f:id:lnznt:20120201015018j:image

ゲストOS の設定 (固定IPアドレスの設定)

ゲストOS#1 を起動します。

/etc/network/interface に eth1 のIPアドレスの設定を書き込みます。

まず、エディタで該当ファイルを開いて

$ vi /etc/network/interfaces

以下の記述を追加して保存します。

auto eth1
iface eth1 inet static
    address 192.168.7.11
    netmask 255.255.255.0

ゲストOS#1 を再起動します。

ゲストOS#2 も同様に作業します。

ただし、こちらは IP address は「192.168.7.12」です。

----

これで、両方のゲスト OS とも、

が出来るようになりました。

ifconfig と route の出力を掲載しておきます。

(ゲストOS#1) $ sudo ifconfig
eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 08:00:27:b8:c5:4e
          inetアドレス:10.0.2.15  ブロードキャスト:10.0.2.255  マスク:255.255.255.0
                   :
                  (略)
                   :
eth1      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 08:00:27:a2:e1:60
          inetアドレス:192.168.7.11  ブロードキャスト:0.0.0.0  マスク:255.255.255.0
                   :
                  (略)
                   :
(ゲストOS#1) $ route
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフ
ェース
default         10.0.2.2        0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0
10.0.2.0        *               255.255.255.0   U     1      0        0 eth0
link-local      *               255.255.0.0     U     1000   0        0 eth1
192.168.7.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth1
(ゲストOS#2) $ sudo ifconfig
eth0      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 08:00:27:0d:12:c6
          inetアドレス:10.0.2.15  ブロードキャスト:10.0.2.255  マスク:255.255.255.0
                   :
                  (略)
                   :
eth1      Link encap:イーサネット  ハードウェアアドレス 08:00:27:10:6f:51
          inetアドレス:192.168.7.12  ブロードキャスト:0.0.0.0  マスク:255.255.255.0
                   :
                  (略)
                   :
(ゲストOS#2) $ route
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト    ゲートウェイ    ネットマスク   フラグ Metric Ref 使用数 インタフ
ェース
default         10.0.2.2        0.0.0.0         UG    0      0        0 eth0
10.0.2.0        *               255.255.255.0   U     1      0        0 eth0
link-local      *               255.255.0.0     U     1000   0        0 eth1
192.168.7.0     *               255.255.255.0   U     0      0        0 eth1

別のネットワーク構成

以下のような構成はもっとシンプルです。

f:id:lnznt:20120201022506j:image

手順は、

です。(DHCP がある環境では、固定IPアドレスの設定は不要です)

トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20120131