Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年01月29日(日)

VirtualBox に Ubuntu 11.10 (amd64) をインストール(その1)

| 18:12 |  VirtualBox に Ubuntu 11.10 (amd64) をインストール(その1) - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク -  VirtualBox に Ubuntu 11.10 (amd64) をインストール(その1) - Going My Linux Way  VirtualBox に Ubuntu 11.10 (amd64) をインストール(その1) - Going My Linux Way のブックマークコメント

UbuntuVirtualBoxUbuntu 11.10 (amd64) をインストールしました。

実施した環境

構成

ホストOSUbuntu Linux 11.10 (amd64)
ゲストOSUbuntu Linux 11.10 (amd64)

マシンスペック

CPUIntel 64bit/2 Core
RAM8GB
Videoオンボードのチップ

ネットワーク環境(VirtualBoxネットワークを「ブリッジアダプタ」割り当てにした場合)

手順ではこの環境を想定してます。

f:id:lnznt:20120131151055j:image

ネットワーク環境(VirtualBoxネットワークを「NAT」割り当てにした場合)

NAT」は VirtualBoxデフォルト設定。ホスト OS からは仮想ネットワークは見えない。

f:id:lnznt:20120131165916j:image


手順

  1. ホストOSVirtualBoxインストール
  2. Ubuntu インストールイメージのダウンロード
  3. VirualBox のゲストOS として Ubuntu 11.10 をインストール
    1. 仮想マシン作成
      1. 仮想マシンの新規作成
      2. 仮想マシンの設定
    2. 仮想マシンUbuntu 11.10 をインストール
      1. Ubuntuインストール
      2. システムアップグレード
      3. 日本語 Remix と同等化
      4. VirtualBox Guest Additions インストール
    3. スナップショット取得

手順詳細

ホストOSVirtualBoxインストール
$ sudo apt-get install virtualbox
$ sudo apt-get install virutalbox-guest-additions-iso
Ubuntu インストールイメージのダウンロード

Ubunutu Japanese Team の日本語 Remix CD には 64-bit 版はないので、本家サイトからダウンロードする。(この手順では、後で Ubuntu Japanese Team のリポジトリを追加して日本語 Remix 環境と同等にする)

Ubuntu の本家サイトダウンロードページから Ubuntu 11.10 64-bit の ISOイメージ(ubuntu-11.10-desktop-amd64.iso)をダウンロードする。

VirualBox のゲストOS として Ubuntu 11.10 をインストール

VirtualBox を起動する。

$ virtualbox &

仮想マシンデフォルトでは、以下のディレクトリに作られる。

変更したい場合は、[ファイル]->[環境設定(P)]で以下の画面を開き変更する。

20120129222927

では、仮想マシンを新規作成する。

以下の画面で「新規(N)」ボタンを押下。

install-00

以下の画面で「次へ」ボタンを押下。

20120129185452

以下の画面で、各項目を入力/選択して、「次へ」ボタンを押下。

20120129190016

以下の画面で、メモリサイズを入力/選択して、「次へ」ボタンを押下。

私は 1024MB にした。多めが良いが任意のサイズでよい。

20120129190808

以下の画面で「次へ」ボタンを押下。

20120129191033

以下の画面で「次へ」ボタンを押下。

20120129191233

以下の画面で「次へ」ボタンを押下。

20120129191358

以下の画面で、ディスクサイズを入力/選択して、「次へ」ボタンを押下。

私は 20GB にした。任意のサイズでよい。(インストール直後のディスク使用量は約4GB)

20120129191458

以下の画面で「Create」ボタンを押下。

20120129224455

以下の画面で「Create」ボタンを押下。

20120129224610

仮想マシンができた。

20120129224722

次に、仮想マシンの設定を行う。(任意の作業。行わずデフォルト設定のままでもよい)

「設定(S)」ボタンを押下し、表示された画面の左側リストから「ディスプレイ」を選ぶ。下の画面が開いたら、下記の各項目入力を行い「OK」ボタンをクリックする。(任意の作業。デフォルトのままでもよい)

  • ビデオメモリ(M) : 64MB
  • 3Dアクセラレーションを有効化(3) : チェックする ([追記(2012/01/31)] リフレッシュが遅いようなので、後日このチェックは外しました)

20120129225810

設定画面の左側リストから「ネットワーク」を選ぶ。下の画面が開いたら、下記の各項目入力を行い「OK」ボタンをクリックする。(任意の作業。デフォルトのままでもよい)

  • 割り当て(A) : ブリッジ アダプタ
  • 名前(N) : eth0

(**注意**: 環境に DHCP がない場合、デフォルトの「NAT」のままのほうが簡単にインストールできる)

20120129230436

----

以降の作業は、次回のメモに書きます。