Hatena::Grouplinux2

Going My Linux Way このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010年11月03日(水)

スワップ領域に関するメモ

| 15:31 |  スワップ領域に関するメモ - Going My Linux Way を含むブックマーク はてなブックマーク -  スワップ領域に関するメモ - Going My Linux Way  スワップ領域に関するメモ - Going My Linux Way のブックマークコメント

ソフトウェア実メモリ以上の記憶域が必要なときに使用する領域仮想メモリ*1


Linux ではスワップ領域は以下のコマンドで確認できる。*2 *3 *4 *5

$ swapon -s
$ top
$ free
$ cat /proc/swap     # swapon -s と同じ
$ cat /proc/meminfo | grep -i swap

Linux ではスワップ領域デバイスまたはファイルから確保することができる。

デバイスから確保する手順 *6 *7

# fdisk /dev/sda
  (ディスクパーティションを作成して、パーティションID を 82(Linux/Solaris Swap) に変更する)
# mkswap /dev/sda5   # 例として sda5
# swapon /dev/sda5

ファイルから確保する手順 *8

# dd if=/dev/zero of=/hoge bs=1024 count=1048576
# mkswap /hoge
# swapon /hoge
トラックバック - http://linux2.g.hatena.ne.jp/lnznt/20101103